私の心が叫んでいるの つぶやいているの 願っているの
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
<< 旅立ち日和 | main | みぞれゆき >>
さよならの日
キミとさよならした日は ずっと先のはずだった
いきなりやってきたから ワタシは何もできなかった

キミとさよならした日は あまりにも突然すぎて
涙さえこぼれずに ワタシは何も考えられなかった

キミの低い声も その大きな手も
ワタシの記憶になって ワタシをこんなに淋しい気持ちにさせる

この気持ちとさよならできる日が いつかやってくるのかな
あの時みたく 突然でもいいよ だけど
この気持ちとさよならした時は 笑顔でいたい
爽やかな心で 明日を見つめていたい

キミとさよならした日は まだ半袖の季節だった
マフラーに手を伸ばす 今はもうすぐ冬になるね

キミの立ち姿は もうそこにないことぐらい
分かってるのに探して ワタシはこんなに切ない気持ちになってる

この気持ちとさよならできる日は いつか訪れるのかな
その時ワタシは どんな顔してるんだろう
この気持ちとさよならする時は 泣いてるのかな
それでもどこか すがすがしい心でいたいな

あの日 キミはどんな気持ちで迎えたんだろう
まだクレヨンで描いたみたいに幸せだった日々は
間違いなく二人の記憶に流れ続けて…
いつかまたさよならする日、待ち遠しいけど来ないで欲しいのかもしれない
…ねぇ 聞こえる?

この気持ちとさよならできる日が いつかやってくるのかな
今度こそワタシは一歩歩ける 歩きたい
この気持ちとさよならする時は 一緒にいたい
あの日みたいに 晴れた空の下で
20:15 my song comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
20:15 - - -
COMMENT









Trackback URL
http://mysong.jugem.jp/trackback/41
TRACKBACK