私の心が叫んでいるの つぶやいているの 願っているの
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
<< さよならの日 | main | 春指しゆび >>
みぞれゆき
去年の今頃は 確か世界が白かったかな
コートには すぐ壊れそうな結晶が そっと光って

まるで知らない国に 一人ぼっちみたいで
でもあの日 大好きな大好きなあなたに会えました

今日は雨が降る 寒い寒い夜らしい

降ってきた雨は その時を間違えたみたいで
あの日光ったような 雪にはなれなかった
なんだか私って この雨みたいに慌てちゃって
あの日の自分に 何かをおいてきてしまったかな

「大切にすること」 「いつまでも守り続けるもの」
それは私が抱いてた 気持ちの芽

触れると溶けていく 小さい小さい恋の結晶

流れてゆく涙は その時を間違えたみたいで
滑りゆくだけで あなたに届きそうにない
なんだかみんな 早く幸せへ走りたくて
みぞれ雪みたいに まだまだ中途半端でいるよ

降る雨も涙も その時を間違えたけれど
月明かりはちゃんと ここで照らしてくれる
例え完璧じゃなくても ここに今必要なんだよ
みぞれ雪みたいに 優しい輝きが光ってるよ
21:44 my song comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
21:44 - - -
COMMENT









Trackback URL
http://mysong.jugem.jp/trackback/42
TRACKBACK